景気ウォッチャー調査

年別レポート表示 2015  2014  2013  2012  2011  2010  2009  2008  2007  2006  2005  2004  2003  2002 
月別レポート表示
<< 前のレポート 景気ウォッチャー調査のレポート一覧にもどる 年別表示 次のレポート >>

景気ウォッチャー調査 [2008年3月]

2008年3月の中国地域調査結果の概況

景気の現状に対する評価

 現在の景気を3か月前と比較すると、その評価は以下のとおりであった。
 景気の現状判断DI(合計)は、前月を2.3ポイント上回る37.1となった。分野別にみると、家計動向関連は、「食料品部門では、売上・来客数共に前年比で大幅に増加しているが、衣料品特に紳士服部門が厳しく、高額商品はほとんど動いていない。また婦人服でも、ヤング部門は何とか売上が出ているが、ミセス部門では買い控えが続いているという状況である。」(百貨店(購買担当))などの理由から、「やや良くなっている」「変わらない」との回答の割合が増加し、「やや悪くなっている」「悪くなっている」との回答の割合が減少したため、前月を3.6ポイント上回る36.5となった。企業動向関連は、「物価の高騰や原材料高が引き続き、製品原価が上昇しているものの、なかなか製品価格に転嫁できず、厳しい状況である。」(鉄鋼業(総務担当))などの理由から、「変わらない」「悪くなっている」との回答の割合が増加し、「やや良くなっている」「やや悪くなっている」との回答の割合が減少したため、前月を2.9ポイント下回る36.4となった。雇用関連は、「やや良くなっている」「変わらない」との回答の割合が増加し、「やや悪くなっている」との回答の割合が減少したため、前月を4.4ポイント上回る42.6となった。

現状判断DI

3月 前月差
合計 37.1 2.3
家計動向関連 36.5 3.6
企業動向関連 36.4 -2.9
雇用関連(参考値) 42.6 4.4

景気の先行きに対する評価

 現在より2~3か月先の景気の先行きに対する評価は以下のとおりであった。
 景気の先行き判断DI(合計)は、前月を0.1ポイント下回る39.6となった。分野別にみると、家計動向関連は、「ガソリン価格やその他日用品等の値上げの動きがどこまで影響するか読みづらく、この一進一退の動きは続く。」(自動車備品販売店(経営者))などの理由から、「変わらない」「やや悪くなる」との回答の割合が増加し「やや良くなる」「悪くなる」 との回答の割合が減少したため、前月を0.1ポイント上回る38.9となった。企業動向関連は「例年3月は、年間の内でも売上高の上がる月で会社によっては数か月分の利益を一気に稼ぐ月なのだが、今年は利益の蓄積が出来にくい状態になっている。毎年、4~5月は売上が減少するだけに、不安を抱く経営者は多い。」(会計事務所(職員))などの理由から、「やや悪くなる」との回答の割合が大幅に増加し、「やや良くなる」「変わらない」「悪くなる」との回答の割合が減少したため、前月を4.3ポイント下回る37.1となった。雇用関連は、「やや良くなる」との回答の割合が増加し、「変わらない」「やや悪くなる」との回答の割合が減少したため、前月を7.4ポイント上回る50.0となった。

先行き判断DI

3月 前月差
合計 39.6 -0.1
家計動向関連 38.9 0.1
企業動向関連 37.1 -4.3
雇用関連(参考値) 50.0 7.4

中国地域データ[PDFファイル]

年別レポート表示 2015  2014  2013  2012  2011  2010  2009  2008  2007  2006  2005  2004  2003  2002 
月別レポート表示
<< 前のレポート 景気ウォッチャー調査のレポート一覧にもどる 年別表示 次のレポート >>