景気ウォッチャー調査

年別レポート表示 2015  2014  2013  2012  2011  2010  2009  2008  2007  2006  2005  2004  2003  2002 
月別レポート表示
<< 前のレポート 景気ウォッチャー調査のレポート一覧にもどる 年別表示 次のレポート >>

景気ウォッチャー調査 [2003年8月]

2003年8月の中国地域調査結果の概況

景気の現状に対する評価

 現在の景気を3か月前と比較すると、その評価は以下のとおりであった。
 景気の現状判断DI(合計)は、前月を0.7ポイント上回り、47.6と本調査開始以降35か月連続で50を割り込む水準になっている。分野別にみると、家計動向関連は、「悪くなっている」との回答の割合が増加したものの、「SARS、テロの影響が全くなくなり、客の申し込みが増えている」(旅行代理店)などの理由から、「やや良くなっている」との回答の割合が増加するとともに、「やや悪くなっている」との回答の割合が減少したため、前月を0.8ポイント上回る45.4となった。企業動向関連は、「やや良くなっている」との回答の割合が増加し、「やや悪くなっている」との回答の割合が減少したものの、「年度末に工事の発注が多くなる3か月と比べると、受注量は減少しているが、これは前年同月に比べても激減しており、特に建築工事の落ち込みが大きい」(建設業)などの理由から、「良くなっている」との回答の割合が減少し、「悪くなっている」との回答の割合が増加したため、前月を0.7ポイント下回る 52.9となった。雇用関連は、「良くなっている」、「やや良くなっている」、「悪くなっている」との回答の割合が前月と同様で、「求人数は上向いているとは言えないが、新規採用者数はやや上向いている」(新聞社)などの理由から、「やや悪くなっている」との回答の割合が減少したため、前月を2.9ポイント上回る52.9となった。

現状判断DI

8月 前月差
合計 47.6 0.7
家計動向関連 45.4 0.8
企業動向関連 52.9 -0.7
雇用関連(参考値) 52.9 2.9

景気の先行きに対する評価

 現在より2~3か月先の景気の先行きに対する評価は、以下のとおりであった。
 景気の先行き判断DI(合計)は、前月を0.1ポイント上回り、47.5となっている。分野別にみると、家計動向関連は、「良くなる」との回答の割合が増加するとともに、「悪くなる」との回答の割合が減少する一方で、「品物を新たに買うというより、リフォーム、修理、作り替えに関心を持っている客が多い」(その他専門店)などの理由から、「やや悪くなる」との回答の割合が増加したため、前月から増減なく46.2となった。企業動向関連は、「やや良くなる」との回答の割合が増加するとともに、「やや悪くなる」との回答の割合が減少する一方で、「和風日配については業界全体が落ち込んでおり、低価格の商品も動かない」(食料品製造業)などの理由から、「やや悪くなる」との回答の割合が増加したため、前月から増減なく50.0となった。雇用関連は、「やや悪くなる」との回答の割合が増加したものの、「リストラが一段落したところでの求人募集なので、単純に上向きと判断はできないものの、新規採用できるということはそれだけ余力もある証拠である」(民間職業紹介機関)などの理由から、「悪くなる」との回答の割合が減少したため、前月を1.5ポイント上回る 51.5となった。

先行き判断DI

8月 前月差
合計 47.5 0.1
家計動向関連 46.2 0.0
企業動向関連 50.0 0.0
雇用関連(参考値) 51.5 1.5

年別レポート表示 2015  2014  2013  2012  2011  2010  2009  2008  2007  2006  2005  2004  2003  2002 
月別レポート表示
<< 前のレポート 景気ウォッチャー調査のレポート一覧にもどる 年別表示 次のレポート >>