景気ウォッチャー調査

年別レポート表示 2017  2016  2015  2014  2013  2012  2011  2010  2009  2008  2007  2006  2005  2004  2003  2002 
月別レポート表示
<< 前のレポート 景気ウォッチャー調査のレポート一覧にもどる 年別表示 次のレポート >>

景気ウォッチャー調査 [2015年10月]

2015年10月の中国地域調査結果の概況

景気の現状に対する評価

 現在の景気を3か月前と比較するとその評価は次のとおりであった。
 景気の現状判断DI(合計)は、前月を1.8ポイント上回る48.8となった。
 分野別にみると、家計動向関連は、「来客数、売上ともに好調である。チケット販売やスマートフォン用ゲームの売上が伸び、全体を押し上げている。弁当やパンといった食品の動きも良い。」(コンビニ)等の理由から、「やや良くなっている」の回答の割合が増加するとともに、「やや悪くなっている」の回答の割合が減少したため、前月を3.3ポイント上回る48.7となった。
 企業動向関連は、「受注量や販売量に目立った変化はない。」(繊維工業)等の理由から、「変わらない」の回答の割合が増加するとともに、「悪くなっている」の回答の割合が減少したため、前月を1.4ポイント上回る47.1となった。
 雇用関連は、「良くなっている」の回答の割合が減少するとともに、「あまり好調という感じがなくなっている。」(学校[短期大学])等の理由から、「変わらない」の回答の割合が大幅に増加したため、前月を7.4ポイント下回る52.9となった。

現状判断DI

10月 前月差
合計 48.8 1.8
家計動向関連 48.7 3.3
企業動向関連 47.1 1.4
雇用関連(参考値) 52.9 -7.4

景気の先行きに対する評価

 現在より3か月先の景気の先行きに対する評価は次のとおりであった。
 景気の先行き判断DI(合計)は、前月を1.5ポイント上回る49.8となった。
 分野別にみると、家計動向関連は、「消費税率引上げを視野に入れた住宅など大きな物の購入を検討する客が増える。」(住宅販売会社)等の理由から、「やや良くなる」の回答の割合が増加するとともに、「やや悪くなる」の回答の割合が減少したため、前月を1.5ポイント上回る50.2となった。
 企業動向関連は、「取引先が年末年始の販売促進強化に向けて様々な手法で売上を伸ばすための準備をしている。」(広告代理店)等の理由から、「やや良くなる」「変わらない」の回答の割合が増加するとともに、「やや悪くなる」「悪くなる」の回答の割合が減少したため、前月を5.0ポイント上回る45.7となった。
 雇用関連は、「良くなる」「やや良くなる」の回答の割合が減少するとともに、「変わらない」の回答の割合が大幅に増加したため、前月を5.9ポイント下回る55.9となった。

先行き判断DI

10月 前月差
合計 49.8 1.5
家計動向関連 50.2 1.5
企業動向関連 45.7 5.0
雇用関連(参考値) 55.9 -5.9

年別レポート表示 2017  2016  2015  2014  2013  2012  2011  2010  2009  2008  2007  2006  2005  2004  2003  2002 
月別レポート表示
<< 前のレポート 景気ウォッチャー調査のレポート一覧にもどる 年別表示 次のレポート >>