景気ウォッチャー調査

年別レポート表示 2015  2014  2013  2012  2011  2010  2009  2008  2007  2006  2005  2004  2003  2002 
月別レポート表示
<< 前のレポート 景気ウォッチャー調査のレポート一覧にもどる 年別表示 次のレポート >>

景気ウォッチャー調査 [2003年4月]

2003年4月の中国地域調査結果の概況

景気の現状に対する評価

 現在の景気を3か月前と比較すると、その評価は以下のとおりであった。
 景気の現状判断DI(合計)は、前月を2.2ポイント下回り、42.9と本調査開始以降31か月連続で50を割り込む水準になっている。分野別にみると、家計動向関連は、「低価格商品しか売れない状況であり、客単価も大幅に下がってきている」(衣料品専門店)などの理由から、「良くなっている」との回答の割合が減少し、「やや悪くなっている」、「悪くなっている」との回答の割合が増加したため、前月を4.2ポイント下回る41.0となった。企業動向関連は、「主要顧客からの受注量が1月の内示よりも大幅に増加している」(運送用機械器具製造業)などの理由から、「やや良くなっている」との回答の割合が増加し、「やや悪くなっている」との回答の割合が減少したことから、前月を1.5ポイント上回る47.1となった。雇用関連は、「新規求人数は例年に比べて増加しているが、臨時の派遣スタッフが増加している」(職業安定所)などの理由から、「やや良くなっている」との回答の割合が大幅に増加し、「やや悪くなっている」との回答の割合が大幅に減少したため、「良くなっている」との回答の割合が減少したものの、前月を4.4ポイント上回る48.5となった。

現状判断DI

4月 変化幅
合計 42.9 -2.2
家計動向関連 41.0 -4.2
企業動向関連 47.1 1.5
雇用関連(参考値) 48.5 4.4

景気の先行きに対する評価

 現在より2~3か月先の景気の先行きに対する評価は、以下のとおりであった。
 景気の先行き判断DI(合計)は、前月を3.3ポイント上回り、44.0となっている。分野別にみると、家計動向関連は、「海外から新商品を大量に入荷したことで、客の注目を引いており、今後この商材を使って店舗展開を目指すことで、売上の増につながる可能性がある」(住関連専門店)などの理由から、「やや良くなる」との回答の割合が増加し、「やや悪くなる」との回答の割合が減少したため、前月を2.1ポイント上回る43.7となった。企業動向関連は、「地元の自動車メーカーにおいて、収益面は低い伸びになるとみられるが、新型車の生産開始により、操業は一段と高まると期待できることから、景況感は改善する」(金融業)などの理由から、「やや良くなる」との回答の割合が増加し、「やや悪くなる」、「悪くなる」との回答の割合が減少したため、前月を 3.7ポイント上回る44.1となった。雇用関連は、「本学主催の企業説明会に、例年より多くの企業が参加している」(学校[大学])などの理由から、「やや良くなる」との回答の割合が大きく増加し、「やや悪くなる」との回答の割合が大幅に減少し、「悪くなる」との回答の割合も減少したため、前月を 10.3ポイント上回る45.6となった。

先行き判断DI

4月 変化幅
合計 44.0 3.3
家計動向関連 43.7 2.1
企業動向関連 44.1 3.7
雇用関連(参考値) 45.6 10.3

年別レポート表示 2015  2014  2013  2012  2011  2010  2009  2008  2007  2006  2005  2004  2003  2002 
月別レポート表示
<< 前のレポート 景気ウォッチャー調査のレポート一覧にもどる 年別表示 次のレポート >>